売買契約の注意事項
1.敷地の境界を明確にしておく
 境界杭などない場合は、新たに測量して敷地の境界を確定する必要があります。
 土地を切り売りする場合も、測量して分筆登記の必要があります。
2.住宅ローンの残金の確認
 住宅ローンの借入がある場合は、借入の残債の額を金融機関に確認しておきましょう。
3.付帯設備の確認
 家を売却するとき、暖房・エアコンなどを付けて売却するのか、また物置や庭石・庭木は 
 どうするのか書面で 取り決めておくと後のトラブルになりません。
4.販売価格
 販売価格を決めるときは、複数の業者から査定してもらいましょう。数社から査定しても
 らうことにより、売却予定の家や土地の市場価格(相場)が、客観的に判断できます。
 あまりにも市場価格がよりも高く価格設定をし、成約の見込みがない場合は、不動産業
 者も営業に力がはいりません。近隣の市場価格に合わせることも大切です。
5.媒介契約
 一般媒介契約は、複数の業者に売却の依頼をする方法です。
 専属専任媒介契約・専任媒介契約は1社のみに売却を依頼する方法です。当然に不動
 産業者の責任も重くなり、一般媒介契約と比べて力の入れようが異なってきます。
6.確定申告
 売却した年の翌年に確定申告をします。マイホーム売却の3000万円控除等は、確定
 申告をしないと適用されません。