売買契約の流れ
1.物件の査定依頼
 複数の業者に査定してもらったほうが、客観的に判断できます。
 査定価格とは、通常の営業活動で3ヶ月程度で売却が可能な価格のことです。
 依頼主の希望価格で引き受ける業者もあるようですが、査定価格の根拠を示す業者が
 信用おけるのではないでしょうか。
2.売却価格の決定
 査定価格を参考に決めます。
3.不動産会社の選択
 1社だけに依頼するか、複数の業者に依頼するか。
4.媒介契約の締結
 専属専任媒介契約・専任媒介契約は、1社のみ売却を依頼する契約です。
 一方、一般媒介契約は、複数の業者に売却を依頼する契約です。
5.不動産会社の営業活動
 新聞広告・チラシ・情報雑誌などに広告をおこない広く買客を募ります。
6.現地への案内
 購入希望者が現れたらお家を見ていただきます。
 売却物件がお住まいになられてましたらご都合に合わせることになります。
7.売買条件の交渉
 購入者の希望条件の検討(価格・引渡等)
8.売買契約
 売主・買主が売買条件で合意となれば売買契約を締結します。
 通常、売主・買主ともに、不動産業者の事務所で売買契約の説明を受け,売主は買主より
 契約手付金(売買代金におよそ10%程度)を受領し、署名・捺印して契約は成立します。
9.残金支払と物件の引渡
 売主は,権利証・実印・印鑑証明書・等が必要となります。
 買主は、残金と諸費用(仲介手数料・登記費用・銀行ローン保証料等)が必要です。
 売主は、買主より残金を受領して買主に鍵を引渡し取引は終了となります。